2011年 10月 13日

なんだかなあ・・・

ずいぶん前の話だが、三菱自動車がスズキからOEM供給を受けて
ソリオを販売することになった。
ソリオはCMでもKAT-TUNが出てそこそこ知名度はあると思うのだが、三菱では聞いてびっくり。
その名も「デリカD2」
…???。
そもそも「デリカD:5」の「5」とはデリカの5代目ということで、つけられた名前だ。
それをD:2って…どういう事やねん。
と、デリカの掲示板等でもデリカユーザーから非難されていた。

そして先日、今度は日産からの供給で「バネット」が三菱から販売された。
その名は「デリカD3」
…おいっ!。
しかも、この前の週末、修理に出していた僕のデリカ「D:5」を引き取りにディーラーに行ったら
ぬけしゃあしゃあと「デリカシリーズ」とか描いたポスターが作られていた。

もう「デリカ」ブランドってのもないのかもね…。というか「デリカ」が三菱にとってパジェロと同様、特別な存在だと思ってたのは現デリカユーザーだけなのかも(苦笑)。
三菱にも以前は楽しい車がたくさんあった。

GTO、FTOもそうだしWRCにはランサーで参加していたし、パリダカラリーでもパジェロで総合優勝などすばらしい実績を残してきた。
これは三菱に限ったことではないが、なんとなく自動車業界が寂しい。
今ではWRCは三菱もSUBARUも撤退、パリダカラリーも三菱は参加していないし、ホンダはF1から撤退…。
僕の中では「三菱=パリダカ」「ホンダ=F1」というイメージがあったのでこれらのニュースは実に寂しかった。

各メーカー、照準を「燃費」にあわせ、いかにエコな車を作るかに注力している。
今の若い世代の人たちには「ホンダ=エコカー、ミニバン」と思っている人もいるらしい。
それはそれで大事だとは思うけど、なんか車が趣味の世界から、実用的な世界に変わってるのかなー。
とかさんざん言いながら、自分の母親はプリウスに乗ってるわけだが…。

便利になった分、失ったものも大きい気がする。

と、「デリカD:3」とかつけられたばっかりにいろんなことを愚痴ってしまいました。。。
まあ、そんな事を思いながら、やはりプラド95はいい車だったなあと今更ながら思うのでした。

ちなみに、スーパーカーブームが巻き起こった僕が小学生のころ、近所で見かけて大きくなったら乗りたいなーと思ってたのがこれ。

f0071519_1063348.jpg

サバンナRX-7。
[PR]

by tommy-cc | 2011-10-13 12:47 | 独り言


<< 甲子園最終戦      抽選会 >>