2007年 10月 24日

四代目

以前より悩んでいたのだがコンパクトデジカメを買い換えた。
これで四代目のコンデジになる。
初代はかれこれ10年近く前になる。
カシオの型番も忘れたが親戚にもらったものだ。
確か30万画素とかだったと思う。今ならトイカメラ並みだ(笑)。
次に買ったのは大阪の日本橋で衝動買いした富士のfinepix4500という機種。
200~300万画素が主流の中、こいつは富士独自のスーパーCCDハニカムを搭載し、最大432万画素という当時としては超高画質を実現した優れものだ。
しかし程なくしてデジカメブームが巻き起こり、500万画素クラスがバンバン市場に出始めてより高画質・安価なデジカメが急激に増えだし地団太踏んだ記憶がある。
三代目はミーハーな嫁のリクエストによりソニーのサイバーショットT1。
この当時はパソコン買うならVAIO、デジカメ買うならサイバーショットがお洒落、みたいな風潮があって周りにもサイバーショットを持ってる人も結構多かった。確かにこのカメラ、薄型で軽量、お手軽にポケットに入れて歩くことができるスナップ写真にはうってつけのカメラであったが僕にとっては致命的な欠点があった。
それは薄型という事を優先し、三脚ねじ穴を省いたことだ。(まあそれが買ってから気付いたんだけど・・・)
つまり三脚に据え付ける事ができない。そういう意味ではまさにスナップ撮影専用といえる。
そのT1も5年がたち、さすがにバッテリーもへたってきた。さらに、これだけ性能・画質のいいデジカメが登場してる中、やはり見比べるとどうも気に食わない。ちょっと明るいところで撮るとコントラストが弱くなりすぐに白飛びしてしまう。

というわけで、今回選んだのがニコンのcoolpixS510だ。
他の同様のカメラはコンパクト性、デザイン性を重視して画質は多少犠牲にしているが、こいつは画質にもこだわっている。
が、本当は富士のFinePixF50fdを狙っていた。高感度撮影に向いているのと、やはりフィルムメーカーだけあって肌色の再現力は正直すばらしいと思う。
高感度撮影に重きを置くなら富士以外は勧められない。
でも、僕がサブで使うには少し贅沢だった・・・。もうちょい安かったらなあ~。

今回、久しぶりにコンパクトデジカメについていろいろ勉強したけど、びっくりすることがいっぱいあった。
顔認識機能なんてとんでもない機能もついてて当たり前みたいな感じだ。さらFinePixF50fdは横顔でも検知するという・・・。どんな仕組みやねん・・・。

ああ・・・これでまたD300が遠のいた・・・。

f0071519_10291849.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2007-10-24 12:10 | カメラ


<< 文章力      オータムフェスタ2007 >>