2007年 12月 12日

初宝くじ

僕は今まで宝くじというのを買ったことがない。
もともとギャンブルとかそういうのは運がないと思っている。
パチンコも1度しかしたことがないし(もっとも僕の住んでいる市内にはパチンコ屋はなくいやるなら隣の市まで行かなくてはならない)、競馬もほとんどしない。
あ、でも競馬場で馬がドドー!って集団で走る光景は興奮する。

そんなわけで宝くじもほとんど興味なかったんだけど、先日会社の連中がみんなで希望者を募って宝くじを買おうと言い出した。
最初は別に興味もなかったのだが、なんだか様子を伺っていると結構みんな買っているようだ。

「ん?まてよ?ひょっとして、本当にひょっとして当たったりなんかしちゃったらめっちゃ悔しい思いするんちゃうか?みんな当たって自分だけなんも関係ないのはちょっとつらいやろ~」

と当たるはずはないと思いながらも余計な心配が頭をよぎった(笑)。
というわけで、結局僕もその話に乗ることにした。
「1口10枚(3000円)で何口でも」というので、まあとりあえず3口くらい買っとくか、ということで3口申し込んだ。
でも4口以上買ってる人は他にいないことがあとから判明。
「なんだよ~、どうせならみんなもっと買えよ~」
と思ったがそれはみんな同じだろう(笑)。

最終的には全部で300枚くらい買ったので、全くの「宝くじ素人」である僕は
「こんだけ買ってたらどれか当たるかも?」
などと、勝手に妄想を膨らませている。


まあ、世の中そんなに甘くないか・・・。
[PR]

by tommy-cc | 2007-12-12 17:48 | 独り言


<< 久しぶり      グリム冒険の森 >>