Tommy's お気楽ブログ

tommycc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子連れハイク( 10 )


2009年 01月 04日

初ハイク

1月2日は初ハイクに行ってきた。
とりあえず近場でごろごろ岳。
前山公園から登山道へ。

f0071519_841832.jpg


秋にほとんど行けなかったのでずいぶん久しぶりのハイクだ。
だからか子ども達もめちゃ元気。

f0071519_8421799.jpg


上の方に行くと雪がまだちらほら残っていた。
大晦日から元旦にかけて寒かったからなー。

f0071519_843978.jpg


このルートは途中の景観がとてもきれいなので結構気に入っている。

f0071519_844049.jpg


最後の方は岩をよじ登っていくところもある。
(ちなみに平坦な獣道のルートもあります。)

f0071519_8445257.jpg


f0071519_8453052.jpg


9時45分に出発して11時35分ごろごろ岳到着。

f0071519_846828.jpg


頂上では風がきつくちょっと休憩したら猛烈に寒いのでおにぎり食べて早々に下山。
正月に体を動かすのもいいもんだ^^。
[PR]

by tommy-cc | 2009-01-04 08:48 | 子連れハイク
2008年 06月 09日

摩耶山ハイキング

新神戸9:50~地蔵谷~摩耶山13:00

f0071519_955479.jpg




f0071519_9552484.jpg
今回は摩耶山。六甲山系ではメジャーな山だ。
新幹線新神戸駅まで車で。駅前だと最初の1時間が400円で以後20分100円だけど、少し離れると30分100円や45分100円のパーキングがあるのでそちらへとめることに。
 
ここからまずは布引の滝を見ていく。



f0071519_958553.jpg
新神戸駅の高架をくぐってしばらく登ると布引の滝の雌滝にでる。



f0071519_9591446.jpg
さらにそこから登ると雄滝。
おー、これは雄大だ。布引の滝ってよく名前は耳にするけど実際に見るのは初めて^^。
しばらく滝に見とれてから改めて登り始める。


f0071519_1003420.jpg
やっぱりメジャーな山だからか、たくさんのハイカーがいた。中にはSOHTAROよりもゆっくりしたペースで歩いているグループも。


f0071519_101452.jpg
天狗道分岐を過ぎてしばらく行くと地蔵谷出会につく。
このまままっすぐ行くとトェンティクロスだ。
20回、川を渡らなければいけないルートからこの名前がついた。
でもダムができたりして、今は数回わたる程度なんだそうだ。
ここも行ってみたかったけど、距離的に大分あるので今回は地蔵谷へ。


f0071519_104745.jpg
地蔵谷もこのような沢を渡るところが3,4箇所あった。


f0071519_105419.jpg
川沿いに歩いていくので気持ちいいけど、ダムや堰堤が多く、高巻きしなければいけないのでアップダウンが激しい!!。


f0071519_106345.jpg
最後は六甲全山縦走路のコースでもある天狗道に合流するが、最後の最後でこの階段。足にコタえる・・・。


f0071519_108844.jpg
13:00摩耶山頂到着。


f0071519_108484.jpg
山頂は広場になっていて見晴らしがいい。また、ロープウェイの駅もあるので、ハイカー以外の一般の観光客や家族連れも多くとてもにぎわっていた。


f0071519_1010468.jpg

今日はちょっとかすんでるけどまずまずかな??。


f0071519_10104987.jpg
遊具が一つだけあり、昼ごはんもそこそこに遊びだす。さっきまで登ってたのに元気やな~。



f0071519_1012130.jpg
さて、帰りはSOHTAROが楽しみにしていた。ロープウェイとケーブルカーで降りることに。



f0071519_101916100.jpg
おじさんに一番前の席に座らせてもらいました^^。



f0071519_101359100.jpg
写真中央の駅まで5分で降りる。そこから乗り継いで・・・。



f0071519_10143682.jpg
今度はケーブルカー。



f0071519_1015959.jpg
ロープウェイ、ケーブルカーですっかりハイテンションのSOHTARO。



f0071519_10154538.jpg
なんと勾配は最大29度!。結構怖かった~。


到着は阪急王子公園の北側に着くのでそこから車を取りに新神戸まで・・・。これが結構疲れたな・・・。
行きは3時間、帰りは10分のハイキングでした^^。
[PR]

by tommy-cc | 2008-06-09 12:54 | 子連れハイク
2008年 05月 22日

五助山

先週末はSOHTAROと母親と五助ダムから五助山(637m)に。
電車だとJR住吉駅か阪急御影駅から行くことになる。

事前に地図を調べると北側から下っていくルートは載ってるけど南からのルートはない・・・。
行けんのかな??。

f0071519_12362576.jpg


とりあえず道標の五助ダムに向かって登っていく。

f0071519_12365428.jpg


途中、車内で鼻血がでたSOHTARO(笑)。
鼻にティッシュ詰めて登る幼稚園児もそうおらんやろ。

f0071519_12383135.jpg


石切道分岐。
石切道は整備もされていて、坂も緩やかでハイキング道として気持ちいい道だそうだ。
そのまま通り過ぎてまっすぐ行くと地図があったけど、五助山のルートはやはりない・・・。

というわけで、そばで休憩していた中年夫婦のハイカーに聞いてみたところ、
かなりルートがややこしいという。
そこでなんと一緒に行ってくれるとの事。

お言葉に甘えて、ご一緒させてもらう。

f0071519_1241944.jpg


なるほど、結構入り組んでそう・・・。

道自体は急な段や勾配もあって、きつかったが1時間半程度で山頂到着。

f0071519_12482743.jpg



しかし、大分暑くなってきたな~。
よっしゃSOHTARO、今年は沢登りでも挑戦するか?!。

f0071519_12491746.jpg

(山頂からの眺望)
[PR]

by tommy-cc | 2008-05-22 12:51 | 子連れハイク
2008年 05月 07日

百丈岩

5/3は西宮の道場という所にある百丈岩にハイキングに行って来た。
氷瀑以来だから2ヶ月ぶりかな?。

f0071519_11344044.jpg


看板のインクのたれ具合が怖い・・・(笑)。
ちょっと道に迷ってしまったけど、まっすぐ来れば家から40分ぐらい。
1日500円で駐車できるところがある。

f0071519_11345674.jpg


上級者コースにしようか迷ったが、本格的なロッククライムだと手も足も出ないので
とりあえず一般コースを行くことに。

f0071519_113736.jpg


岩場には鎖があり伝っていく。

f0071519_1138435.jpg



一般コースは特に難しいコースでもなく、距離も短いので、
こういう暑くなってくる季節にはちょうどいい。

f0071519_11385065.jpg


やっぱこの時期は山の緑がきれい!。

f0071519_11413251.jpg



f0071519_11414471.jpg

さて、今度は上級者コースに行く??。
[PR]

by tommy-cc | 2008-05-07 12:37 | 子連れハイク
2008年 03月 11日

地獄谷から風吹岩

芦屋川~地獄谷~風吹岩~保久良神社~阪急岡本


先週の土曜日の山歩き。
今回は地元芦屋川から風吹岩へ登り、阪急岡本駅に出るコースへ。

9:50開森橋。ここから芦屋川右岸の舗装路を登って高座の滝まで歩く。
ここって、高座の滝道っていうんだね。今まで知らなかった・・・。
f0071519_852252.jpg


10:15高座の滝に到着。
ここで、服を1枚脱いだり、準備を整えて山道に入る。
f0071519_854320.jpg


f0071519_855766.jpg




しばらく行くと案内の道標がある。
中央尾根からの一般向けコースは以前行っているので
迷わず落石注意の中級コース、地獄谷方面へ(笑)。

f0071519_86511.jpg

するとすぐにロープが張ってあってこんな注意書きが・・・。
なんだろうと思っていたけど、多分、落石などでロープが切れてサイレンがなるようにしているのかな?
詳しくは知りません。だれか真相を知ってたら教えてください。
これをくぐり地獄谷を登っていくことにする。
f0071519_8103169.jpg


沢登りのようでなかなか面白いコースだった。
子供も手助けが必要なところもあるがこういう方がやはり楽しいらしい。
f0071519_86219.jpg



f0071519_863111.jpg


岩の上で休憩・・・^^。
f0071519_864037.jpg


11:05小便滝到着。
注意書きに流れてない時は許してね、と書かれてある。
今日は尿意は催してないようだ(笑)。
f0071519_8112784.jpg



さらに登っていきAケンを通り過ぎ、11:50ピラーロック到着。
この手の景色は六甲山系ではそんなに珍しくないかな?。
f0071519_87117.jpg


12:15目的地の風吹岩に到着。
結構苦労した割には標高447mなのね・・・。
f0071519_871052.jpg



ここで弁当を食べた後、13:15阪急岡本方面へ保久良神社へ向けて降りていく。
ここからは、整備された山道だけど、下りのこの階段はかなり足につらい!。膝が笑ってきそう・・・
f0071519_872717.jpg


保久良神社は梅林があって、梅の木で有名らしいのだがもうちょいって感じかな。
14:35阪急岡本に到着。
今回は帰りの道はかなり膝がつらかった・・・。あの階段は反則だ・・・。
次は中央尾根から登って地獄谷を下りてみようかな^^。

f0071519_873585.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2008-03-11 08:13 | 子連れハイク
2008年 02月 12日

連続氷瀑

先週、氷瀑を見に行ったあと、子供達と氷瀑の話をしていたら冬眠中の嫁が
「なんか、おもしろそう。行きたくなってきた。」

・・・・なんじゃい、寒いの苦手やいうてたがな・・・。

とはいえ、もともと3連休は9日が仕事以外、特に予定もなかったので嫁のアイゼンも購入し2/11に行くことにした。
2/9は大阪都心部でも11年ぶりに積雪を記録するという大雪できっと氷瀑もきれいだったんじゃないだろうか。
行くまでが大変だろうけど・・・。


2/11は午前中快晴。
先週と同じくらいに出発。
ロープウェイの有馬温泉駅の駐車場に止める。
前回と違い、駐車場も凍っている。
f0071519_10535349.jpg


しばらく歩いていくと明らかに雪が多い。
工事現場の所で他の人たちもアイゼンを装着していたので我々もそれに倣ってアイゼンをつける。
ただ、その後もしばらくアスファルトがあるので、つけるのなら湯槽谷分岐でつけたほうがいいと思う。
f0071519_10541853.jpg



2回目で子供達もすいすい歩き今回は前回より15分短い1時間で到着。

f0071519_1056275.jpg


f0071519_10564152.jpg

かなり腰引けてます。。。
肝心の七曲滝の氷瀑のほうは、7割くらいといった感じだろうか。
ただ、ハイカーの数がすごい多い!。そういえばこの日は六甲山で「氷の祭典」も開催されていて帰ってくると駐車場は満車だった。




今回は、SOHTAROはお姉ちゃんとおそろいの新しい靴で。先週は小さい靴で靴擦れもできて痛々しかった・・・。よくあれで最後まで歩いたもんだ。
f0071519_1057532.jpg


う~ん、やっぱり寝るのか。。。ってか寒くないのか??。。。
f0071519_10571794.jpg



さて、今回も百間滝を通ってそのまま谷を降りていこうと思っていたのだが、百間滝分岐の所でハイカーが足を踏み外して谷に転落したとのこと。
幸い、ケガもなく大事には至らなかったがヘリも来て救助活動。
こんな近くでホバリングしているのを初めて見たけど急に突風とか吹いてバランス崩して突っ込んできたらどうしようとちょっと恐怖すら感じた・・・。
六甲山とはいえやはり山をなめてはいけないと認識した。
f0071519_10574255.jpg


そんなこんなで結局1時間経過してたので、時間的に遅くなるので来た道を戻るかということになり紅葉谷道を下って少し拓けた場所のある白石谷分岐のあたりで昼食に。
帰りは20分程度でここまで降りれた。(なんか物足りない・・・)

f0071519_10575646.jpg



 
[PR]

by tommy-cc | 2008-02-12 12:52 | 子連れハイク
2008年 02月 04日

有馬から七曲滝の氷瀑

先週の土曜日(2/2)は直前まで天気予報は雨マークが出ていた。
これは氷瀑を見に行くのは来週かなあと思っていたが、前日の予報では夕方から夜に雨が降り始めるという事。
それだったら朝の早いうちに行けば大丈夫か
という事で、氷瀑を見に有馬から山歩きに冬眠中の嫁を置いて母親と子供二人を連れて行くことに。
子供もいけるかどうか悩んだが、SOHTAROは行く気マンマンなのでもはや後には引けず・・・。ってかアイゼンも買っちゃったし・・・。

今後行く人、また僕自身忘れないように細かいルート・所要時間を書いておくことにします。


電車で行くなら神鉄「有馬温泉駅」で下車するが、僕らは車で六甲有馬ケーブルの有馬温泉駅で駐車。1日600円。
駐車場にも雪が積もっていることもあるそうだが、この日は普通のノーマルタイヤでも全く問題なし。
AM9:25駐車場出発。
f0071519_1245069.jpg


六甲有馬ケーブルの有馬温泉駅。ここで、トイレは済ませておいたほうがいいと思う。
f0071519_12451310.jpg


駅の横を通り過ぎると「鼓ヶ滝」に分岐しているが左の舗装路を通っていく。
f0071519_12452346.jpg



しばらくはこんな舗装路を歩いて登っていく。
f0071519_12453421.jpg



思ったほど寒くない。気温は4℃を示している。ちょっと拍子抜け・・・。
f0071519_12454799.jpg


AM9:45。工事現場の横を通り抜けていく。
f0071519_124664.jpg


AM9:50。湯槽谷分岐。ここら辺から、林道に入っていく。雪は思ったほど積もっていない。う~ん、滝は凍ってるのだろうか・・・。
f0071519_1247023.jpg


子供達は雪の上を歩くのが楽しいようだ。なにもそんなしんどい方を行かなくても・・・。
f0071519_12471286.jpg


途中、白石谷の分岐。
ご覧の通り、熟練者向きと書いてある。こんな所は無理だよな、などと話をしていたが、よもや帰りにここを通ることになるとは。。。
f0071519_12473261.jpg


ぼちぼち道が凍ってきたのでアイゼンを装着。アイゼンは絶対必要かといわれるとなんとも言えないが、あれば滑らないので足に変な力を入れなくてすむのであった方が良いと思う。
6本爪の簡易アイゼンで十分だった。
f0071519_12474525.jpg


AM10:25。七曲滝への唯一の難所とも言える場所。
ロープが岩壁に打ち付けてあり、足場もせまく、反対側は谷になっている。僕が心配してたのはここなんだけど、子供達もおそるおそる進む。僕が先に行って途中でフォロー。
一人で渡りきるのは少し無理があるようだ。公園のターザンロープとは勝手が違うようだ(笑)。
f0071519_1248118.jpg


少し沢を登っていくと、前方でハイカーの集団が右手の奥の景色に見とれている。お、もう着いたのかな??。
f0071519_12481243.jpg



AM10:40七曲滝到着。子供の足で1時間15分程度。体力的には十分余裕があるし難易度的にも荒地山の方がハードだったような気がする。
僕は初めてなのでこれが例年と比べてどうなのかわからないけどすばらしい景色にしばし見とれた。
どうやったらこんな現象になるんだろう・・・。
f0071519_1248385.jpg



などと感動してるが子供達はそんなことより雪遊びに夢中・・・。
f0071519_12492649.jpg


七曲滝全景。う~ん、きてよかった^^。
f0071519_12485322.jpg




さて、まだご飯にも早いし百間滝まで行くことに。AM11:15に七曲滝を出発。
百間滝は一度紅葉谷に出てから行く。
HANAは積もった雪で絶好調!。
f0071519_12494711.jpg


どこでも寝転んでるが気持ちいいのか?!!。
f0071519_1249557.jpg


AM11:35。紅葉谷から百間滝への分岐。ここから、かなりの高さを下っていく。
f0071519_12501973.jpg


AM11:50百間滝到着。
・・・ってかほとんど氷っていない・・・。すぐ近くに似位滝もあるのだが、全く氷瀑は見られず。
f0071519_12503226.jpg


何はともあれここでお昼ご飯を食べることに。
さすがに少し寒くなってきたので、ホットコーヒーと子供達はポタージュスープで体を温める。
f0071519_12504483.jpg


さて、帰りはさっきかなりの高さを下ってきたので、そこを再度登って、来た道を帰るか、このまま沢をおりて白石滝にでて白石谷を通るか迷ったが、
今からあの下りを登るのはちょっときついなあということで沢を下りていくことに・・・。
PM12:40百間滝出発。
f0071519_12511849.jpg


ここはかなりハードだった・・・。ロープのある小滝を降りていくところも・・・。
沢の水量もそこそこあって濡れなくて降りていくのはこの日はほぼ不可能。
多少おおげさでも皮製の登山靴か、そうでなくてもゴアテックスにできればスパッツもほしい。
f0071519_12514688.jpg


こんなゴルジュを通り抜けていく。これは子連れハイクにはお勧めできない・・・。
途中、ちょこっとだけ後悔しました。
ってか子供達は大丈夫か・・・??
f0071519_1252199.jpg



・・・また寝転んどる!・・・。
f0071519_12521262.jpg



SOHTAROもよくがんばりました^^。
f0071519_1252318.jpg



PM1:50。無事駐車場に到着。総歩行時間は3時間くらい。
積雪がなければ、ロープをつたっていくところ以外、子供でも問題ないと思う。
ロープのある場所も上から行くルートもあるので、そちらにいっても良いかもしれない。
f0071519_12524720.jpg


氷瀑の写真は近々HPにアップします。
[PR]

by tommy-cc | 2008-02-04 12:55 | 子連れハイク
2008年 01月 28日

またかよ・・・

先週はあるものを4つ程、購入した。
それはアイゼン。
今週末、有馬から七曲滝、百間滝などの氷瀑(滝が流れたまま凍った状態になっている)を見に行くためだ。
雪山は僕は未経験なので、とにかく時間をかけて下調べをした。
ルート、この時期の地面の状況、危険な場所、道標などの目印・・・自分で地図付きでA3にまとめた。
ネットってホント便利だ(笑)。

迷ったのが、子供を連れて行こうかということ。
当初は連れて行くつもりはなかったが、調べていると小学校1年生のビーバースカウト隊がこの時期に行っている記事があった。
HANAも普段から歩き慣れてはいるし、慎重に行けば大丈夫か・・・
・・・・しかし、SOHTAROが一人でお母さんと留守番するはず。。。もなく・・・。
まあ子供達の新しいトレッキングシューズも試させてみたいし、何事も経験が大事だろうというわけで連れて行くことになった。

さて、そんなわけで会社帰りに好日山荘でアイゼンを購入し、ストックにもスノーバスケットを装着。
昨日、情報を仕入れるため、ネットで七曲滝などを検索していると七曲滝はまずまず氷結していて、百間滝はまだほとんど凍っていないそうだ。
ここんとこの冷え込みで大分凍ってきているかと思ったけど、期待ほどではなさそうだ。
が、七曲滝だけでも見てみたいので是非とも行こうと話していたのだが・・・

f0071519_16323339.jpg


雨って・・・・orz。
[PR]

by tommy-cc | 2008-01-28 17:43 | 子連れハイク
2008年 01月 16日

ごろごろ岳

前山公園(10:10)~ごろごろ岳(11:50)-昼食-(12:40)~水車谷(14:50)


この前の休みに母親とHANAを連れて六甲連山のごろごろ岳へハイキング。
SOHTAROが先週からずっと熱が下がらず3人で行くことになった。

ごろごろ岳へはいくつものルートがある。
芦有道路の水車谷バス停付近より登山道に入るか、芦屋の前山公園、あるいは西宮の鷲林寺からか・・・etc。
今回は前山公園より登山道入り、帰りは芦屋霊園に出ようということになった。
f0071519_10432974.jpg




f0071519_10435099.jpg

前日の雨とこの寒気で今日は空気がものすごく澄んでいた。
ごろごろ岳はあまり人気がないのか、すれ違う人もなく、僕らを追い越していくハイカーも2,3人いるだけだった。

f0071519_1044439.jpg

しばらく歩くとなんとヤマツツジが咲いていた。
この時期にヤマツツジ??。今年も寒い日が少ないからだろうか?。

ちょっと小腹が空いてきた頃にごろごろ岳付近に到着。

f0071519_10442879.jpg

日陰の所は若干雪も残っていた。
ごろごろ岳の名前の由来はこの山に岩がごろごろしてるという説や、標高が565.6mだからという説などいろいろあるそうだ。(でも三角点の標高は565.3m。)、

f0071519_10443910.jpg

・金鳥山(338m)
・鷹尾山(263m)
・東おたふく山(697m)
・甲山(309.2m)
・荒地山(549m)
・ごろごろ岳(565.6m)
HANAは六甲山系6つ目のピーク。

さて、帰りは芦屋霊園に出ようと思って下っていったものの、途中からどうも方向が違うような気がしてきた。でも道はあるし、下っていってるのでまあ大丈夫だろうと下りていってみるとやっぱり水車谷に出た。
途中までは行きと同じ道だと思いながら歩いていたのにいつの間にかコースがずれてしまったようだ。
やっぱ山に入ると方角もわからなくなるね~。
[PR]

by tommy-cc | 2008-01-16 12:42 | 子連れハイク
2008年 01月 07日

初ハイク

我が社では1/6までが正月休みだった。
さんざん、食っちゃ寝、食っちゃ寝の自堕落な生活が続き、最終日はゆっくりおとなしく家にいようと思い、午前中に昼間のんびり過ごすため、本屋に行った。
すると、どうだろうこの快晴!!。
こりゃ、家にいるのはもったいないな・・・・。
というわけで、サッカーから帰ったSOHTAROに
「山にでも行くか?」
と聞くとHANAも一緒に
「行く、行く!!」
というので、軽くお散歩がてら子供達と3人で山登りに・・・。
去年の秋は、学校・幼稚園の行事やキャンプやらで山登りにいけなかったのでずいぶん久しぶりの山歩きとなった。

我が家が六甲の麓にあるので、お気軽に山にいけるのはありがたい。
まず、阪急芦屋川まで歩く。

f0071519_21384833.jpg


その道中にある「山手緑地」。
僕はここが実は気に入ってる。
あまり、人もおらず、雰囲気がいい。

そして阪急まで下ると今度は高座の滝に向かって川の西側を登っていく。

f0071519_21403031.jpg


今は寒い感じだけど、もう3ヶ月もすれば桜で満開になる。
毎年、桜を撮りにきてるけど毎回同じ構図になってしまう・・・。
今年は、どっか別の場所に撮りにいきないなあ。。。

f0071519_21422895.jpg


家から50分程度で高座の滝に到着。
ここまでは舗装路を歩くので面白くもなんともないが足慣らしにはいいかな?。

f0071519_2143232.jpg


当然ながら冷たい!!。

f0071519_21435817.jpg


さて、お参りもして、更に上を歩いていく。
ここからがロックガーデン。
ここ、芦屋ロックガーデンは大正末期、藤木九三氏らRCC(ロック・クライミング・クラブ)のメンバー達によってロッククライミングが始められた日本における近代登山発祥の地でもある。
しかし、平成7年の阪神・淡路大震災でこのロックガーデンは大ダメージを受け、Bケンはガレ場と化してしまった。

f0071519_21474752.jpg


子供達も舗装路よりこういう道のほうがやはり楽しいようでわざと急なところを選んで登っていく。

f0071519_21491944.jpg


途中、尾根から見る景色も空気が澄んでいてきれい!。
出発したのが昼過ぎだったので、本当は風吹岩から金鳥山、保久良神社を経由して阪急岡本まで行きたかったけど、この時期は暗くなるのが早いので適当なところで折り返し。

今度はゆっくり行こうね。

f0071519_21535085.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2008-01-07 22:03 | 子連れハイク