<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 30日

通販っていろんなものがあるのね

先日、会社から帰宅すると玄関に奇妙な箱が2つ置いてあった。
大きさは一つが220mm×300mmで高さが600mmくらいだろうか?。
材質は明らかに紙でできていて、上下方向に観音開きに開くようになっている。

はて、なにかいな?

と思ってあけてみるとそれはブーツ入れだった。
ブーツの片方はひっくり返して吊り下げるようになっていて1つの箱に2足入るようになっている。
嫁に聞いてみると通販で買ったのだそう。
そう、何をかくそう、かくさないけど僕の嫁は通販が結構好きだ。
毎月、分厚いカタログがポストに入っている。しかも何社も。
そんでふと気付けば小物が増えていて、「どうしたの?」
と聞くと大抵「通販」という答えが帰ってくる。

僕は通販って利用したことないけど、
「ネットショップが盛んになった今でもはがきで申し込む通販って儲かってんだろうか?。」
と思って、カタログをちょっと眺めてみた。

・・・・なるほど、あ~こういうのもあるんだなというような面白い品物が結構ある。
そんで、どれもいろんな工夫が見られる。

今回のこのブーツ入れにしてもこういうのがあるなんて知らなかった。(まあロングブーツをはかないから見向きもしなかったが・・・)
通販って結構面白いかも??^^。

でもね、嫁ちゃんよ。
これ、絶対すぐ壊れる(壊される)と思うよ・・・。


f0071519_18584628.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2007-10-30 19:03 | 独り言
2007年 10月 26日

行く末は

2週間ほど前にぎっくり腰になった。
おかげでただ家の中で横向いて寝てるしかない状態が3日間ほど続いた。
その時、何もすることがない(できない)のでソファで横になって普段ほとんど見ないテレビを見ていた。
ちょうど夕方、主婦が夕食の準備や何やらで忙しい中、家事をしながらテレビをつけて横目で見るような番組を僕はじっくり見た(笑)。

その時期はちょうど例のボクシングの話題で持ちきりだった。
僕も試合は会社で見たが、確かにあの実況ではバッシングを浴びるのも致し方ないと思う。

もう何年も前になるが、日本テレビ(こっちでは読売テレビ)でジャイアンツの試合中継の実況を思い出した。
実況は誰か忘れてしまったが、現ジャイアンツ監督の原選手がスタンドぎりぎりに入るホームランを打った時の実況。

「いや~、ぎりぎりだからこそ美しい!」

まったくもって言葉の意味はわからんがとにかくこの人は本当にジャイアンツが、そしてそのジャイアンツの四番を担う原選手が大好きなんだな・・・と思った。
実況で言うなら、サンテレビの阪神戦もかなり面白い。
特にアナウンサーと解説の福本豊氏の言葉のやりとりは聞いてて笑える。
まあ、当然読売テレビはジャイアンツ、サンテレビはタイガースびいきなのは間違いない。

ここで、今回と決定的に違うのは、純粋に応援しているのか、視聴率を取る為に応援しているのかという事だ。
TBSにしてみれば何年も前から追いかけてきて、じっくり育ててきた「商品」なんだろう。
ひょっとしたら以前より、これから先のストーリーも出来上がってるのかもしれない。

本人たちはもちろんだけど、これからのTBSにちょっと興味がある。
[PR]

by tommy-cc | 2007-10-26 12:47 | 独り言
2007年 10月 25日

文章力

HANAが小学校に入学して半年がたった。
算数、国語など何かと一生懸命やっているようだ。
今のところまだ、勉強嫌いにはなっていない・・・ような気がする。

先日、HANAが次の日の時間割を見てランドセルにノートやらを入れていた。
ふと国語のノートが目にとまり
「どんな漢字を習ってんのかなあ」
とパラパラめくってみた。
ちなみに一年生で習う漢字は80字だそうだ。

そこには漢字の練習する欄があって最後に
「習った漢字で文章を作ってみましょう」
という問題があった。

HANAはどんな創造力を持っているんだろう、これはおもしろそうだぞ。まずは何かな・・・?

「文」

HANA「文じをかきました」
ふむ、「ぶん」だけじゃく「も」とも読むからね。なるほどなるほど・・・。えっと次は・・・?

「上」

HANA「上田くんとあそびました」
???・・・いやそれって文章か??上田君って名前やし・・・ってか上田君って誰やねん?上田君って友達、おったっけ??
・・・まあええわ・・・。なになに次は・・?

「天」

HANA「天ごくにいきたいなあ」
いや、あかんやろ!!?。・・・まあ行きたいのはええけど・・・早いっちゅうねん!!。

さすが、HANA・・・。まあ本人は面白いと思って書いてるんじゃないんだろうが・・・。
それ以来、子供の作文って一体どんな文章を書くのだろうと密かに楽しみにしている。
[PR]

by tommy-cc | 2007-10-25 12:12 | 子供
2007年 10月 24日

四代目

以前より悩んでいたのだがコンパクトデジカメを買い換えた。
これで四代目のコンデジになる。
初代はかれこれ10年近く前になる。
カシオの型番も忘れたが親戚にもらったものだ。
確か30万画素とかだったと思う。今ならトイカメラ並みだ(笑)。
次に買ったのは大阪の日本橋で衝動買いした富士のfinepix4500という機種。
200~300万画素が主流の中、こいつは富士独自のスーパーCCDハニカムを搭載し、最大432万画素という当時としては超高画質を実現した優れものだ。
しかし程なくしてデジカメブームが巻き起こり、500万画素クラスがバンバン市場に出始めてより高画質・安価なデジカメが急激に増えだし地団太踏んだ記憶がある。
三代目はミーハーな嫁のリクエストによりソニーのサイバーショットT1。
この当時はパソコン買うならVAIO、デジカメ買うならサイバーショットがお洒落、みたいな風潮があって周りにもサイバーショットを持ってる人も結構多かった。確かにこのカメラ、薄型で軽量、お手軽にポケットに入れて歩くことができるスナップ写真にはうってつけのカメラであったが僕にとっては致命的な欠点があった。
それは薄型という事を優先し、三脚ねじ穴を省いたことだ。(まあそれが買ってから気付いたんだけど・・・)
つまり三脚に据え付ける事ができない。そういう意味ではまさにスナップ撮影専用といえる。
そのT1も5年がたち、さすがにバッテリーもへたってきた。さらに、これだけ性能・画質のいいデジカメが登場してる中、やはり見比べるとどうも気に食わない。ちょっと明るいところで撮るとコントラストが弱くなりすぐに白飛びしてしまう。

というわけで、今回選んだのがニコンのcoolpixS510だ。
他の同様のカメラはコンパクト性、デザイン性を重視して画質は多少犠牲にしているが、こいつは画質にもこだわっている。
が、本当は富士のFinePixF50fdを狙っていた。高感度撮影に向いているのと、やはりフィルムメーカーだけあって肌色の再現力は正直すばらしいと思う。
高感度撮影に重きを置くなら富士以外は勧められない。
でも、僕がサブで使うには少し贅沢だった・・・。もうちょい安かったらなあ~。

今回、久しぶりにコンパクトデジカメについていろいろ勉強したけど、びっくりすることがいっぱいあった。
顔認識機能なんてとんでもない機能もついてて当たり前みたいな感じだ。さらFinePixF50fdは横顔でも検知するという・・・。どんな仕組みやねん・・・。

ああ・・・これでまたD300が遠のいた・・・。

f0071519_10291849.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2007-10-24 12:10 | カメラ
2007年 10月 23日

オータムフェスタ2007

先日の日曜日、市内で「オータムフェスタ」というイベントがありその一環としてSOHTAROのサッカーの試合があった。
前回の対外試合では0-23というアメフトかという点差で大敗。

この日は天気も良く、絶好のスポーツ日和だった。

f0071519_10362087.jpg


しかし、芝がきれい!!。これだと転んでも痛くなさそう。
肝心の試合の方は・・・。
芝が若干長めなのか、幼稚園児のキック力では転がりがかなり悪く、蹴ってはボールがとまりそこで団子状態って状況・・・。サッカーって言うよりラグビーのスクラムみたい・・・。

f0071519_1037729.jpg

結果0-6で完敗。っていうか前回負けたことをすでに忘れているのかほとんど進歩なし。
・・・やれやれ、ま、気長にやっていこうか。
[PR]

by tommy-cc | 2007-10-23 12:50 | サッカー
2007年 10月 23日

はじめに・・・

さて、1年3ヶ月ナチュラムブログでブログを書いてきたが引っ越す事に決めた。

理由はいくつかあるのだが、一番の理由は
「キャンプのHPを作ってるのにさらにブログでもキャンプネタを主としたブログを書かなくてもいいだろう」
ということだ。(ってかもっとはよ気付けよ・・・)

別にこれまでもキャンプネタ以外の事も多々書いてきたが、やはりどうしてもキャンプのネタになるものを探してる感はあった。
もともと、キャンプ・カメラに関係なく書いていこうと思ってたので実は最近ずっと引越ししようと悩んでいた。

キャンプネタを探して、ある時はネタ作りという意味合いも込めて出かけたり。。。。
そうじゃなくて、なんか気が向いたとき、書くことがあるときに、お気軽に何でも書くってのが僕のブログとしてやりたかったスタイルだ。

というわけで、今後は本当になんでも徒然なるままに書いていきたいと思う。
そんでHPに来てくれた人たちがブログも覗いてくれて

「あ、ここの管理人はこんなやつなんだ」

とか感じてくれたらいいかなと思う。

あ、これまでお付き合い頂いた方はこれからもよろしくお願いします。
僕もこれまでどおり、コメント残して行きたいと思ってます。
[PR]

by tommy-cc | 2007-10-23 09:20 | その他