<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 30日

インナーこそ

真冬にハイキングは今までしたことがなかったのでどういう服装で行くべきかわからなかった。
別にアルパインクライムをするわけではないし、かといって薄着ではもちろん寒い。
年初め、SOHTAROはダウンジャケットを着て行ったがあきらかに失敗だった。
とにかく、厚手のダウンは動きにくい。さらにしばらく歩いていくと、暑くなってきてダウンを脱ぐ。
そしてそれを持つのは僕。・・・・・・邪魔だ(笑)。

山歩きの服装の基本は重ね着だ。
というわけで、僕は半袖Tシャツの上に長袖Tシャツ、そしてジップシャツ、トレーナーで最後にソフトシェルのジャケット。
さて、この格好で先日ごろごろ岳に登ったのだが、さすがにこれだけ着てるとだんだん暑くなってくる。
途中、中のトレーナーを脱いだり、ジップシャツの首元を開けたりして調整したが、頂上に着く頃には気持ちのいい汗をかいていた。
が、さすが高いところは寒い。
大抵、頂上に着くと昼ごはんの弁当を食べるのだが食べている間とにかく寒い。いいかげん、気持ちいいなんていってられない。
それは外の風が直接の原因でなく、背中にかいた汗でTシャツがかわかなくて中から寒いのだ。
あまりの寒さにどうしようか迷った挙句、背中にじかにタオルをかぶせた。
すると寒さはみるみるうちに飛んでいった。
母親は「替えのシャツを持ってきて着替えたらええがな」というが、
おふくろよ、こんな寒いところで上半身裸になれというのか・・・。

シューズやアウターも大事だがインナーこそ、それなりのものを身につけないといけないなと思い、先日梅田のモンベルに行ってみた。
モンベルのインナーにはウールとジオラインという人工繊維のものがある。
ウールは保温性があり体を温めて、それを持続させるのにいい。
一方、ジオラインは速乾性に優れていて汗をすばやく吸い上げ繊維の表面に拡散してすぐに乾くという。
というわけで迷わず中厚手のジオラインを購入。
今度、早速試してみたいと思うが、効果の程はどうかな??。

f0071519_1010585.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2008-01-30 12:20 | 独り言
2008年 01月 28日

またかよ・・・

先週はあるものを4つ程、購入した。
それはアイゼン。
今週末、有馬から七曲滝、百間滝などの氷瀑(滝が流れたまま凍った状態になっている)を見に行くためだ。
雪山は僕は未経験なので、とにかく時間をかけて下調べをした。
ルート、この時期の地面の状況、危険な場所、道標などの目印・・・自分で地図付きでA3にまとめた。
ネットってホント便利だ(笑)。

迷ったのが、子供を連れて行こうかということ。
当初は連れて行くつもりはなかったが、調べていると小学校1年生のビーバースカウト隊がこの時期に行っている記事があった。
HANAも普段から歩き慣れてはいるし、慎重に行けば大丈夫か・・・
・・・・しかし、SOHTAROが一人でお母さんと留守番するはず。。。もなく・・・。
まあ子供達の新しいトレッキングシューズも試させてみたいし、何事も経験が大事だろうというわけで連れて行くことになった。

さて、そんなわけで会社帰りに好日山荘でアイゼンを購入し、ストックにもスノーバスケットを装着。
昨日、情報を仕入れるため、ネットで七曲滝などを検索していると七曲滝はまずまず氷結していて、百間滝はまだほとんど凍っていないそうだ。
ここんとこの冷え込みで大分凍ってきているかと思ったけど、期待ほどではなさそうだ。
が、七曲滝だけでも見てみたいので是非とも行こうと話していたのだが・・・

f0071519_16323339.jpg


雨って・・・・orz。
[PR]

by tommy-cc | 2008-01-28 17:43 | 子連れハイク
2008年 01月 22日

女の子の遊び

先週末はHANAの誕生日だった。
早いものでもう7歳。そら自分自身も年をとるわけだ。
さて、今年はHANAは誕生日プレゼントにほしいものはなんとシルバニアファミリー。
おっ!?なんかまともだぞ・・・(笑)。

シルバニアファミリーといえば20年以上前に発売されたドールハウスだ。
これだけ息の長い商品は男の子のおもちゃではレゴやプラレールみたいなもんだろうか?。

トイザラスに行って、普段はスルーする売り場へ行ってみた。
なんとまあ種類の豊富なこと・・・。

最初はパン屋さんがいいと言っていたが、折角だから他のも見てみれば?ということで彼女なりにさんざん悩んでいたようだ。
このシルバニアファミリー、単に家やお店だけでなく、人形・家具など小道具も各種取り揃えてる。
シルバニアファミリーそのものには興味がないが、これらを集めると素敵な街になるだろうな・・・などとコレクター心をくすぐらせた(笑)。
しかし、めっちゃ高いというわけではないが、気軽にほいほいと買える値段でもない・・微妙な価格設定・・・。
HANAはさんざん迷って、やはり最初に思っていたパン屋さんがいいということでパン屋さんに決定。

早速持ち帰って組み立てて遊んでいた。
次の日、お母さんも一緒に遊ぼうというので嫁がお客さんになって一緒に遊んでいた。

「いらっしゃいませ、なににしますか?」
「え~と、じゃあクロワッサンください」
「はい、くろわっさんですね、しょうしょうおまちください」

・・・・僕にはできないな。

f0071519_1153328.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2008-01-22 12:46 | 子供
2008年 01月 17日

珍しいこともあるもんだ

先週末ぐらいからSOHTAROが風邪をひいていた。
もともと彼は喘息持ちで少し体が弱いところがあった。熱もよく出すし(しかもイベントの前日とか・・・)。

でもその時は、
「しっかし、HANAは風邪ひかんよな~~、ハハハ」
などと笑い飛ばしていた。

が、

今日の朝、なんとHANAが
「あたまがいた~い」
と言うではないか。

普段、元気ハツラツなのでこりゃ珍しいなと熱をはかってみると37.6度。

う~ん、微熱って感じかな~

と言いながら仕事にいったんだけど、夕方嫁に電話してみると
「39度あるわ」
との事。

というわけで、ポカリとか買って家に帰ったわけだけど、
SOHTAROは熱が出ることに慣れているのか(?)39度の熱を出しても結構平気な顔をしている。
ただ、それはSOHTAROに限ったことではなく、他の子供たちの親に聞いても同じようなもんだと言う。


しかし、HANAは違った・・・・。

僕が帰るとめちゃめちゃしんどそうに
「パパァ~、パパァ~(←普段はお父さん)、HANAねつがあるの~~」

・・・・・・ホンマか??(爆)。

「自分はめっちゃしんどいねん」っていうことをモーレツにアピールしている・・・。

嫁曰く
「昼過ぎからずっとこの調子」なんだそう(笑)。

まあ、普段お姉ちゃんということで甘えられないから今が甘えるチャンスと思っているのかな・・・。
お姉ちゃん稼業も楽じゃないな・・・。

ところで、明後日はHANAの誕生日で明日はHANAの小学校の友達を呼んで誕生日会をする予定だったんだけどこれじゃ無理だなあ・・・。
なんとまあ、これまた間の悪い・・・。
[PR]

by tommy-cc | 2008-01-17 21:12 | 子供
2008年 01月 16日

ごろごろ岳

前山公園(10:10)~ごろごろ岳(11:50)-昼食-(12:40)~水車谷(14:50)


この前の休みに母親とHANAを連れて六甲連山のごろごろ岳へハイキング。
SOHTAROが先週からずっと熱が下がらず3人で行くことになった。

ごろごろ岳へはいくつものルートがある。
芦有道路の水車谷バス停付近より登山道に入るか、芦屋の前山公園、あるいは西宮の鷲林寺からか・・・etc。
今回は前山公園より登山道入り、帰りは芦屋霊園に出ようということになった。
f0071519_10432974.jpg




f0071519_10435099.jpg

前日の雨とこの寒気で今日は空気がものすごく澄んでいた。
ごろごろ岳はあまり人気がないのか、すれ違う人もなく、僕らを追い越していくハイカーも2,3人いるだけだった。

f0071519_1044439.jpg

しばらく歩くとなんとヤマツツジが咲いていた。
この時期にヤマツツジ??。今年も寒い日が少ないからだろうか?。

ちょっと小腹が空いてきた頃にごろごろ岳付近に到着。

f0071519_10442879.jpg

日陰の所は若干雪も残っていた。
ごろごろ岳の名前の由来はこの山に岩がごろごろしてるという説や、標高が565.6mだからという説などいろいろあるそうだ。(でも三角点の標高は565.3m。)、

f0071519_10443910.jpg

・金鳥山(338m)
・鷹尾山(263m)
・東おたふく山(697m)
・甲山(309.2m)
・荒地山(549m)
・ごろごろ岳(565.6m)
HANAは六甲山系6つ目のピーク。

さて、帰りは芦屋霊園に出ようと思って下っていったものの、途中からどうも方向が違うような気がしてきた。でも道はあるし、下っていってるのでまあ大丈夫だろうと下りていってみるとやっぱり水車谷に出た。
途中までは行きと同じ道だと思いながら歩いていたのにいつの間にかコースがずれてしまったようだ。
やっぱ山に入ると方角もわからなくなるね~。
[PR]

by tommy-cc | 2008-01-16 12:42 | 子連れハイク
2008年 01月 07日

初ハイク

我が社では1/6までが正月休みだった。
さんざん、食っちゃ寝、食っちゃ寝の自堕落な生活が続き、最終日はゆっくりおとなしく家にいようと思い、午前中に昼間のんびり過ごすため、本屋に行った。
すると、どうだろうこの快晴!!。
こりゃ、家にいるのはもったいないな・・・・。
というわけで、サッカーから帰ったSOHTAROに
「山にでも行くか?」
と聞くとHANAも一緒に
「行く、行く!!」
というので、軽くお散歩がてら子供達と3人で山登りに・・・。
去年の秋は、学校・幼稚園の行事やキャンプやらで山登りにいけなかったのでずいぶん久しぶりの山歩きとなった。

我が家が六甲の麓にあるので、お気軽に山にいけるのはありがたい。
まず、阪急芦屋川まで歩く。

f0071519_21384833.jpg


その道中にある「山手緑地」。
僕はここが実は気に入ってる。
あまり、人もおらず、雰囲気がいい。

そして阪急まで下ると今度は高座の滝に向かって川の西側を登っていく。

f0071519_21403031.jpg


今は寒い感じだけど、もう3ヶ月もすれば桜で満開になる。
毎年、桜を撮りにきてるけど毎回同じ構図になってしまう・・・。
今年は、どっか別の場所に撮りにいきないなあ。。。

f0071519_21422895.jpg


家から50分程度で高座の滝に到着。
ここまでは舗装路を歩くので面白くもなんともないが足慣らしにはいいかな?。

f0071519_2143232.jpg


当然ながら冷たい!!。

f0071519_21435817.jpg


さて、お参りもして、更に上を歩いていく。
ここからがロックガーデン。
ここ、芦屋ロックガーデンは大正末期、藤木九三氏らRCC(ロック・クライミング・クラブ)のメンバー達によってロッククライミングが始められた日本における近代登山発祥の地でもある。
しかし、平成7年の阪神・淡路大震災でこのロックガーデンは大ダメージを受け、Bケンはガレ場と化してしまった。

f0071519_21474752.jpg


子供達も舗装路よりこういう道のほうがやはり楽しいようでわざと急なところを選んで登っていく。

f0071519_21491944.jpg


途中、尾根から見る景色も空気が澄んでいてきれい!。
出発したのが昼過ぎだったので、本当は風吹岩から金鳥山、保久良神社を経由して阪急岡本まで行きたかったけど、この時期は暗くなるのが早いので適当なところで折り返し。

今度はゆっくり行こうね。

f0071519_21535085.jpg

[PR]

by tommy-cc | 2008-01-07 22:03 | 子連れハイク