<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 27日

子供も通院

ある朝、HANAが
「はぐきがいたーい」
と言いながら泣いていた。
どれどれと見てみると、ありゃま、上の歯茎がぷっくりはれている。
なんやろなーこれはと思いながら
「ずーっと痛かったん?」
って聞くと、そうでもないという。
そんな、急にこんなに腫れるんかなあと思いながら、学校が終わったら病院に行こうということに。
そんで僕が会社から帰って聞いてみると、なんと虫歯!?。
虫歯って歯茎が腫れることもあるんだー。
ちゃんと「はみがきパトロール」もしてたんだけどなー・・・・・・ショック。

僕は自慢じゃないが虫歯になったことがない。と言うわけで歯医者に行ったことがない。

先生いわく
「これだったら神経にきてて大分痛いはずなんだけどねー、痛くなかった?」

HANA「んー、あんまり・・・。おさえたらちょっといたい。」

・・・・・・・んー、HANAならさもありなん。

てことでしばらく通院。早く治るといいけどね。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-27 09:32 | 子供
2008年 09月 25日

もう少し・・・

先日は、退院後初めて病院に行ってきた。
2週間ぶりに見る病院はなんだかなつかしく見えた。

退院してから1週間ぐらいは、鼻をかむと血のかたまりみたいなのが出てきたりしたけど、
最近はすこぶる調子がいい。
以前は鼻が多少つまっててもあまり気にもならなかったけど、今はちょっとでも鼻がでてるとめちゃめちゃ気になる。

もしかしたら診察してもらって、もう通院しなくて大丈夫ですよと言われるんじゃないかと思ってたけど、さすがにそれは甘かった。
でもあと1ヵ月後ぐらいに来てもらって炎症とか起こしてなければ、もうOKでしょうと言われた。

ネットでは、退院後も2週間に1度くらい2,3ヶ月通院したなんて記事も見かけたので、うんざりしてたけど安心した。

さ、早いトコ診断書を保険屋さんに出しておかないと・・・。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-25 08:01 | その他
2008年 09月 24日

ありがとう

実は先週、おばあちゃんが他界した。
92歳、大往生だった。本人の希望通り、家でかかりつけのお医者さんと、母親に看取られて最期を迎えることができた。

僕ら姉弟はむかしからおばあちゃん子だった。
小さい頃、おばあちゃんの所に泊まりにいくと、どっちがおばあちゃんの横で寝るか毎回喧嘩してたし、
僕が母親とけんかして、「家出する!」と言って、おばあちゃんの家まで行くことも何度かあった(その時はすでに親からおばあちゃんの所に連絡済で晩御飯とか用意されてたけど・・・)。

一時、元気がなくなっていたけど曾孫が生まれるたびに元気になっていく(驚くぐらいホントに)おばあちゃんを見て、義兄と
「3人目作れよ」
「いやいや、兄ちゃんこそ」
などと言い合っていた。

ここ数年は歩くこともままならなかったので、姉が毎週末来てお風呂に入れてあげたり、僕も毎朝出勤前に行ってお世話をしていた。
だからというわけではないが、僕自身、ある程度納得はしている。
やっぱり実家でご飯を食べる時に、いつもいる所にいるべき人がいない、というのは寂しいけど、最後まで曾孫達のうるさい嬌声、笑い声を自分の家で聞くことができたというのは
おばあちゃんにとっても幸せだったんじゃないだろうか?。いや、幸せだったんだと思いたい。


基本的に僕は超常現象って信じないんだけど・・・
おばあちゃんの告別式の次の日、実家の庭に、曼珠沙華(彼岸花)が一輪だけ咲いていた。

花言葉は・・・


「また会う日を楽しみに」
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-24 12:23 | その他
2008年 09月 16日

整理整頓

子供が小さい時はマメにしてたけど最近めっきりしなくなったこと。
写真の整理・・・。
たまりにたまった写真の山。
その数推定1000枚。
何度か整理しようと思ってアルバムを買ったりしたけど、そんなに急ぐものでもないのでついついほったらかしに・・・。
一応時系列に並べてはいたけど紙箱に無造作に放り込まれたままだった。

そこで、休日を使って一念発起(おおげさ?)して整理することに・・・。
ってかこれ以上放っておくと手遅れになってしまう??。

なんとまあ2003年からあるがな・・・。
デジカメで印刷も家でできるので「とりあえず印刷」したものもあり、
まずはホンマにとっておくかどうかの選別から・・・。
さらにパソコンの中にある、印刷してないものもプリント。

キャンプの時の写真は別にキャンプ用アルバムとして作り直し。

結局、アルバム5冊分整理できた!^^(コメントなどはまだこれからだけど・・・)。

これからはマメにちゃんと整理していこうっと♪(ホンマかいな??)。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-16 08:32 | その他
2008年 09月 10日

入院体験記

昨日、無事に退院してきた。
1週間ちょうどの入院生活は術後3日間ぐらいは鼻にガーゼが詰められて息苦しいのと、発熱もあって、正直ベッドから出るのも億劫な感じだった。
でも4日目からは元気になって、病院食だけでは足りないのでおやつばっかり食べてた。
なんせ食べるのしか楽しみがないから・・・(笑)。そのくせろくに体動かしていないから体重が増えてるに違いない(体重計にのるのも怖い)。
今回の手術は全身麻酔だったんだけど、あっという間だった。

9月4日。
当日は朝から絶飲絶食。あー、お腹すいたーと思いながらテレビを見て時間をつぶす。
時間になって看護士さんに呼ばれ、手術室まで歩いて移動(元気なので、よくテレビで見るようなストレッチャーに寝かされて・・・ってのはなかった)。
手術室まで行くと、手術台の上に寝かされる。しばらくすると先生やってきて
「安心してリラックスしてくださいね」
って、めっちゃ緊張してるんですけど・・・。

「点滴始めますねー」といわれて、あー、どの辺から眠くなってきたりするのかなー、とりあえず粘ってみるぞーなどと思っていると

「・・・・・・さん・・・・○○さん・・・・、終わりましたよ」

僕「・・・・・・・・・え?終わった・・・?」
「そう、終わりましたよ・・・」

・・・・そういえば鼻にガーゼが詰められてるなー。ホンマや、終わったんや・・・。

しばらく、麻酔が切れないのかボーっとしたままベッドに横たわる。3時間ぐらいして、
「じゃあ、トイレに行ってみましょうか」
と言われたのでゆっくり起き上がる。
ちょっと、ふらついたけどなんとか自力で歩いて行けた。でもなんだか頭がぼーっとしている。熱を測ると38度。
「まあ、大抵熱は出るから」
と、さほど心配もされてないのできっと大丈夫なんだろうなあ・・・と思いながらその日が終わった。

9月5日。
まだちょっと頭がボーっしてるけど、熱は下がった感じ。
依然として両鼻はガーゼでふさがれているので呼吸をするのがつらい。
その日の診察で明日からガーゼを抜いていくとの事。どんぐらい鼻が通るのか期待。
この日は晩、K点さんが仕事帰りにお見舞いに来てくれた。
面会時間終了ぎりぎりだったのであまり話もできず残念だったけど、ありがとー!(泣)。でもしゃべり足りない(爆)。

9月6日。
土曜日なので子供たちが初めてきてくれた。
でも子供たちは、来ても特に何もすることがないし、大声で話すこともできないのですぐに暇をもてあましているような感じ。
今日は、これからのためにHANAにDSを持ってきてもらった。
僕「あれ?HANA、充電器は?」
HANA「あ、忘れた。」

おいおい、それじゃそんなにできないやん、と言いつつ、まあいいやと思って子供たちが帰った後、早速DSで遊び始めると10分で充電切れ・・・(笑)。
・・・・・帰りの荷物が増えただけやん・・・と一人ベッドの上でツッコミを入れる。

しばらくして診察。
ガーゼを取る日だ。
「じゃあ、抜きますよー」

・・・ズズズー、ズズー。

イテテテテっ!!!。っていうかどんだけガーゼ入ってんの?!!!。あまりのガーゼの量の多さに驚愕!。

・・・・あ、でも・・・なんかすごいスースーする!!すごい!。

先生「まだガーゼ入ってるからまた明日抜きましょう」
え?この上、まだ入ってるの??。あぁ、またこの痛い思いをしなくちゃいけないのかー。

9月7日
熱も下がり、メインのガーゼを抜いて鼻の通りもよくなり体の調子もいいので、ベッドでなく談話ルームでほとんど過ごした。
朝の診察でまたガーゼを少し抜いた。これで右側のガーゼはすべてとれた。残るは左の奥。
「大体、火曜日ぐらいには退院できそうですね」
といわれてますます元気に。とにかく、内臓はどこも元気なのでお腹がすく!。おやつやパンを売店で買ってずっと食べてその日を過ごした。

9月8日
左に残っている最後のガーゼを抜く。
奥の奥からガーゼを引っ張り出す。

ウオー!!!!!イテエエエエエエエエ!!!!

まるで眼球の裏側あたりからガーゼを引っ張り出す感覚。もう涙がとまらない。
「はい、おつかれさまー、これで全部とれましたよー」

・・・・・・・フーフー・・・・・フー・・・・スー・・・・・・・あ、あれ・・・?。

めっちゃ鼻が通ってる!!!。
おー、感激!!。これが鼻呼吸かー。これを鼻呼吸と言うのだったら今ままでの鼻呼吸は鼻呼吸じゃないなこりゃ。
「明日、診察して大丈夫なようだったら退院できますよ。」

そうかー、明日かー、長かったようで短かったなー。

9月9日。
朝一番で診察。
「あとは2週間に一回ぐらい通院してもらって結構ですよ」

「ありがとうございます!」

あー、ついに退院かー。と次の患者さんが入る予定があるのか看護士さんがせかせかとやってきて、
「会計の準備ができましたよー」
と感慨にふける暇もなく会計へ。
そこで、衝撃の請求書をもらって無事退院。(ほしいロード買えるがな・・・)

でも、いい病院・・・いい先生にめぐり合えてよかった^^。

帰りの道中で感じたこと。
においが前よりもよくわかる!。
電車の中、お店の中、こんなにいろんなにおいがあったんだなーとマジで感激。

ようし、これで1気筒から2気筒と吸排気系のチューンアップ(主治医の先生が○本先生なので○本改ですな・・・)!。自転車も楽に走れるようになるかな??

今回は副鼻腔炎の他に、鼻の中の骨が曲がっている鼻中隔湾曲症というのも直してもらった。
これは大概の人が曲がっているらしい。
今、同じように呼吸がしにくいとか鼻づまりがひどいというような人は手術する、しないにしろ是非一度、診てもらったほうがいいです!。
大げさでなく、世界が変わります!!。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-10 16:00 | その他
2008年 09月 07日

悲しいときー

ふっと我に返って急にむなしくなるとき・・・。


一人病室でテレビを見てて
「サザエさん」のエンディングでベッドからサザエさんと
じゃんけんしてる自分を見つめなおした時・・・・(しかも負けとる・・・グーかよorz)。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-07 20:03 | 独り言
2008年 09月 07日

入院5日目

ただいま入院5日目。
病院の中のインターネット接続コーナーより。
術後4日目に入り、大分楽になった。
昨日ぐらいまでは手術の影響で発熱もあり体がだるい状況だったけど
ようやく元気になってきた^^。毎日ベッドの上ってのもいい加減飽きてきた・・・。

まだ、左の鼻にガーゼを詰めてて全開通ではないけどはやく外の空気が吸いたい!
今日の診察で退院は火曜日ぐらいかなと言われたのであと少しの辛抱だ。

退院したら入院記でもアップしたいと思います^^。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-07 10:52 | その他
2008年 09月 02日

辛抱、辛抱

先日の会社帰りの電車。
ドアが閉まって、ちょっと動き出したかと思うと急ブレーキ。
しばらくしてドアが開いた。
なにかいなと思っていると車内放送で

車内放送「駆け込み乗車はおやめください」

と流れた。あー、なるほどと思っているとほどなくして再度ドアが閉まった。
っと、思ったらまた開いた!。
おいおい、またかいと思っていると

車内放送「駆け込み乗車はやめてください!」(←思いっきり関西弁のイントネーション)

おー結構怒ってるな(笑)。そりゃ何回もやられりゃなー。

ようやく電車がホームから出発。
車掌さん、めっちゃ怒ってんのかな?と思ってたけどさすがにいつものように

車内放送「毎度ご乗車ありがとうございます。この電車は○○行きです。次は~」

と流れ出した。ちょっと落ち着いたかな?と思っていると最後に

車内放送「なお、この電車、駆け込み乗車のお客様のかばんがドアに挟まり再度ドアを開けましたため、若干遅れて運転しております」

だって(笑)。おそらく、その人は周りから冷たい視線を浴びてることだろう。舌打ちのひとつでも食らっているかもしれない。
いやー、車掌さんの悪意が感じられて笑えた(ヒトゴトなので・・・)。

まあ、その気持ちもわからんではない。おかげで僕も2分遅れて帰宅するわけだから・・・。

・・・・駆け込み乗車はやめましょう!。


あ、明日から入院です。病院にインターネットに接続できるパソコンがあるらしいんですが・・・。
できたら、何かアップしたいと思います。
[PR]

by tommy-cc | 2008-09-02 08:09 | 独り言